かわらそば|山口県

瓦そば

兵士のアイディアにヒントを得た、下関を代表する麺料理!

概要

瓦そばは山口県下関市豊浦町の郷土料理で、川棚温泉のホテルや旅館を中心に広まっている。西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話からヒントを得て開発されたのだそう。そばとお肉を一緒に炒めたものを、麺つゆにつけて食べるというスタイル。正式にはそばを本当に瓦で焼くのだが、家庭ではホットプレートやフライパンを使い、気軽に食されているのだそう。紅葉おろしや錦糸玉子を散らせば、彩りも楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県下関・角島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP