うじかみじんじゃ|京都府

宇治上神社

概要

明治時代までは、隣接の宇治神社と二社一体で「離宮上社」と呼ばれていました。祭神は、応神天皇とその皇子莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)及び兄の仁徳天皇とされています。境内正面の拝殿は鎌倉初頭のもので、寝殿造りの様式を伝えています。特に縋破風(すがるはふ)といわれる手法を用いた屋根の美しさは格別です。本殿は、平安時代後期に建てられた現存するわが国最古の神社建築です。三棟の内殿を一列に並べて、共通の覆い屋で覆った特殊な形式の建物で、左右の社殿にある蟇股(かえるまた)も建築年代を示すものとして重要です。境内にはその他、鎌倉時代に建てられた春日神社などの摂社や、宇治七名水のひとつ「桐原水」があります。1994年に世界遺産に登録されました。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 京都府宇治
住所 京都府宇治市宇治山田59
電話番号 【所在地】TEL:0774-21-4634 / 【問合せ】TEL:0774-21-4634
営業時間 公開:8:00~16:30 季節により変更有
定休日 休業:年中無休
料金 【備考】 *無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】不群

宇治上神社へのアクセス

京阪宇治線宇治駅から徒歩で10分
JR奈良線宇治駅から徒歩で15分

PAGE TOP