こうしょうじ|京都府

興聖寺

概要

曹洞宗の名刹で、春秋に美しい「琴坂」とともに人気の観光スポットです。開祖道元は、最初の禅苑を京都の深草に建てましたが戦乱で廃絶、1648年に淀城主永井尚政によって宇治の地に再興されました。茶人でもあった尚政は、山水を取り入れて現在のような枯淡閑寂な境内をつくりましたが、往時には少なくとも三つの茶亭があったと伝えられています。また、平安時代中期の木造聖観音立像は、かつて源氏物語「宇治十帖」の古跡が「手習の杜」に祀られていたことから「手習観音」の名で親しまれています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 京都府宇治
住所 京都府宇治市宇治山田27-1
電話番号 【所在地】TEL:0774-21-2040 / 【問合せ】TEL:0774-21-2040
営業時間 公開:9:00~17:00
定休日 休業:年中無休(境内)
料金 【備考】 *建物内部は志納金(一口300円)が必要
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】1648年

興聖寺へのアクセス

JR奈良線宇治駅から徒歩で20分
京阪宇治線宇治駅から徒歩で15分

PAGE TOP