ちしゃなます|山口県

ちしゃなます

苦味とシャキシャキ感、焼き魚をさっぱりとした味付けで

概要

「ちしゃ」とは、「かぎちしゃ」という葉物の野菜で、サニーレタスのような形状で、やや苦味がある。山口県では、別名乳草とも呼ばれ、明治時代には広く一般的に栽培されていた。その「かぎちしゃ」を使った郷土料理が「ちしゃなます」だ。焼き魚をほぐして酢に浸けて加え、魚の浸け酢で酢味噌を作って和える。いりこや、炒ったしらす干しをすり鉢ですって使っても美味。酢味噌に加えた関が原の戦いの後、減封になり貧窮した毛利家の家臣が、冠婚葬祭や急な来客をもてなす際に作ったのが始まりといわれている。夏前が旬。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県山口市・宇部下関・角島萩・長門岩国・周防大島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP