しものせきのふぐさし|山口県

下関のふぐ刺し

誰もが認める、冬の味覚の最高級食材。是非刺身やお鍋で!

概要

山口県の冬の味覚、ふぐは最高級食材として知られている。毒があるため、昔は食べることが禁じられていたが、山口県生まれの初代総理大臣・伊藤博文が下関の料亭で食べ、その味に感服し、解禁に至ったのだそう。ただ実際の水揚げ量は意外にも少なく、他県のものが下関に集められ全国に出荷されているのだ。集められるのは、下関がふぐの加工技術に相当の歴史と実績を誇っているから。トラフグが終わる2~4月が本格的なシーズン。包丁技がみごとなふぐ刺しやてっちり、ひれ酒、白子も旨い。贅沢なひとときを彩る食材だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県下関・角島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP