ふくりょうり|山口県

ふく料理

伊藤博文「お墨付き」。下関のふく(福)料理

概要

山口県では「3000年以上も前から食されてきた」と言われる、ふく料理。山口県では「ふぐ」の事を幸せの「福」に縁起をかついで「ふく」とも呼んでいる。刺身、てっさ、雑炊、白子、ひれ酒など様々な形で食されている。安土桃山時代に多くの武士が毒にあたり、以後食用が禁じられていたが、明治21年に総理大臣の伊藤博文が下関市でふく料理を食した際にその美味しさから食用を許可し、全国的に知られるようになった。また、下関市には「下関ふく連盟」が存在し、様々なイベントを通して「ふく料理」を伝え続けている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山口県下関・角島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP