秋の京都 早め予約が正解
うつぼこうえん|大阪府

靱公園

概要

大阪のオフィス街である、靱本町に広がる公園。総面積約9.7ha、東西約800m、南北約150mの細長い形をしており、中央を南北に通るなにわ筋によって「東園」と「西園」に分けられている。「東園」には、市内で最も歴史のあるバラ園や、10面のテニスコートを備えた靱庭球場、四季に彩られるケヤキ並木などがあり、「西園」には、16面のテニスコートを有し、国際大会にも使用されている靱テニスセンターがある。秀吉の時代、付近一帯は雑喉場(ざこば)魚市場および塩干魚問屋街として栄え、町で魚商人たちが「やすい、やすい」と威勢のよい掛け声で魚を売っていたのを聞き、秀吉は「やす(矢巣)とは靱(矢を入れる道具)のことじゃ」と言ったことから、その言葉にあやかって「靱」という町名がつけられたとか。公園の北側の「京町堀」には、おしゃれなカフェや雑貨店も多い。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪心斎橋・難波・天王寺
住所 大阪府大阪市西区靭本町2-1-4
電話番号 【所在地】TEL:06-6441-6748 *西部方面公園事務所
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

靱公園へのアクセス

*地下鉄四つ橋線「本町駅」より徒歩5分

PAGE TOP