|大阪府

海岸通ギャラリーCASO(カソ)

概要

大阪港のウォーターフロントにある、民間最大規模の現代美術のためのレンタルスペース・海岸通ギャラリーCASO。“CASO”とは、Contemporary Art Space Osakaの頭文字からとったネーミングで、もともとは築30年の住友倉庫だったのを、2000年9月に改造・開設したもの。総床面積691平方メートルの館内は、大小6区画のスペースに仕切られ、それぞれ5.8mの天井高を持ち、上方から自然光を取り入れている。以前の倉庫のイメージを残しながらも、ニュートラルな空間を大切にしているそうだ。主に国内外現代美術作家の個展/グループ展から、芸術系・文化系大学、文化行政及び企業(メセナ活動)主催の展覧会、インディペンデントなコーディネーター、キュレーター、ギャラリーディレクターなどの新たな活動の場として利用してもらうことがねらいだ。2階には館内外を眺望できるラウンジのほか、雑誌やウェブの閲覧・休憩・展示に関するレクチャーなどにも利用可能。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪大阪ベイエリア
住所 大阪府大阪市港区海岸通2-7-23
電話番号 【所在地】TEL:06-6576-3633 ; FAX:06-6576-3633
営業時間 営業:~11:00~19:00(展覧会最終日は17:00まで)
定休日 定休日:月曜(月曜が祝日の場合は翌日) 会期中は無休の場合あり
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【敷地面積】1600平方m / 【延床面積】1500平方m

海岸通ギャラリーCASO(カソ)へのアクセス

*地下鉄中央線「大阪港駅」より徒歩7分

PAGE TOP