あいぜんどうしょうまんいん|大阪府

愛染堂勝鬘院(愛染さん)

概要

地下鉄谷町線四天王寺前夕陽ヶ丘駅から徒歩2分、四天王寺の四箇院のひとつである「施薬院」として推古天皇元年(593)に、聖徳太子によって建立された。施薬院とは、仏教の教えによって設けられたもので、薬草を栽培し、あまねく人々に病に応じてそれを与える福祉施設だった。後に聖徳太子が勝鬘経を人々に講ぜられ、経に登場するシュリーマーラー夫人(勝鬘夫人)の仏像を本堂に祀ったことから、当院は「勝鬘院(しょうまんいんあいぜんどう)」と呼ばれるようになった。また金堂には本尊として、良縁成就・夫婦和合で有名な愛染明王が奉安されていることから、「愛染堂」としても親しまれている。境内には、豊臣秀吉が再建した桃山時代の代表作である、多宝塔(国の重要文化財)のほか、飲むと愛が叶うといわれる「愛染めの霊水」があり、若い女性に人気だ。毎年6月30日、7月1・2日には、大阪の三大夏祭りのひとつとして有名な愛染祭が行われる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪心斎橋・難波・天王寺
住所 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36
電話番号 【所在地】TEL:06-6779-5800
営業時間 営業:9:00~16:30
定休日 定休日:年中無休
料金 【備考】 *参拝・拝観無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【ご利益】厄除、良縁、安産、身体健全、開運

愛染堂勝鬘院(愛染さん)へのアクセス

*地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」より徒歩2分

PAGE TOP