さくやこのはなかん|大阪府

咲くやこの花館

概要

花博記念公園鶴見緑地内にある、日本有数の総合植物館。もともとは、EXPO’90「国際花と緑の博覧会」で大阪市のパビリオンとして使われたもの。名称の「咲くやこの花館」は、当時一般公募で決定したもので、古今和歌集にうたわれている、「難波津に咲くやこの花冬ごもり 今は春べと咲くやこの花」の古歌に由来したという。館内は展示会や、音楽会を開催できるフラワーホール/ヤシやガジュマルなどの熱帯雨林植物展/ハワイやタヒチの美しい風景を連想させる熱帯花木室/アフリカや南・北アメリカなどの乾燥地に生えるサボテン・多肉植物室/山岳部に見られる高山植物室/南・北極の植物を展示した極地植物室/外部庭園/展示室のゾーンからなり、合わせて2600種、約15000株の植物を栽培展示している。外観は約5000枚のガラスが用いられ、水面に浮かぶスイレンをイメージしたもの。季節ごとに様々なイベントも開催される。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪梅田・新大阪
住所 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163 花博記念公園鶴見緑地内
電話番号 06-6912-0055
HP http://www.sakuyakonohana.jp/
営業時間 営業:~10:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/28~1/4)
料金 【備考】 *大人500円、中学生以下無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【敷地面積】4750平方m / 【延床面積】6900平方m / 【年間利用者数】400000人

咲くやこの花館へのアクセス

*地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」より徒歩約10分 車の場合:阪神高速 森小路ランプ出口より約10分、近畿自動車道 門真IC・大東鶴見ICより約10分、第二京阪門真ICより約10分

PAGE TOP