なにわのうみのじくうかん|大阪府

なにわの海の時空館

概要

「大阪の海の交流史」をメインテーマにした、船と歴史の体験ミュージアム・海洋博物館「なにわの海の時空館」。海面から直径約70m/高さ約40mのガラス張り半円球ドームが顔を出すという建物のデザインが一際目をひく。地下にあるエントランスを経て、天窓のついた長さ約60mの海底トンネルを通り抜け、ドーム内のエレベーターで4~1階までと進む。「大航海時代」の海上貿易・交流から、海の玄関口という役目をもった近世大坂の様子、江戸時代に大坂~江戸間を往来していた菱垣廻船をはじめとする和船の発達史などまでが、展示・紹介されている。江戸時代の町人に扮したパフォーマーの説明や案内もある(土日祝のみ)。とくに、2階に実物大で展示中の「浪華丸」(長さ約30m)への乗船や、3Dスーパーバーチャルシアター(有料)、星を利用して時間を測る夜間時計などの体験は人気が高く、航海の素晴らしさを伝えている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪大阪ベイエリア
住所 大阪府大阪市住之江区南港北2-5-20
電話番号 【所在地】TEL:06-4703-2900 ; FAX:06-4703-2901
営業時間 営業:~10:00~17:00 (入館は16:30まで)
定休日 定休日:月曜日(祝日、休日の場合は翌日)、2月・6月・9月メンテナス休館有り
料金 【備考】 *大人600円、中学生以下無料 (館内、有料施設あり)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【面積】33442平方m *敷地 / 【その他】20699平方m *延床面積

なにわの海の時空館へのアクセス

*地下鉄中央線「コスモスクエア駅」より徒歩7分

PAGE TOP