おおさかじょうてんしゅかく|大阪府

大阪城天守閣

概要

大阪城は天下統一をめざす豊臣秀吉によって天正11年(1583)、大坂(石山)本願寺跡で築造が開始された。
城の本丸のなかで最も中心の建物である天守閣はその2年後に完成したが、元和(げんな)元年(1615)の大坂夏の陣で豊臣氏の滅亡とともに天守閣も焼失。徳川時代になって再建されたものの寛文5年(1665)、落雷によって再び焼失。以来、天守閣のないままだった。
現在の天守閣は昭和6年(1931)、当時の関市長の呼びかけで市民らの寄付により、約150万円(現在の約750億円に相当)が集められ建造されたもの。266年ぶりに甦った天守閣は、地上55m、5層8階、屋根の鯱、勾欄下の伏虎など、いたるところに施された黄金の装飾が燦然と輝いている(国の登録有形文化財)。平成7~9年(1995-97)にかけて大改修が行われた。8階の展望台からは大阪を一望でき、年間100~130万人が訪れている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪心斎橋・難波・天王寺
住所 大阪府大阪市中央区大阪城1-1
電話番号 06-6941-3044
HP http://www.osakacastle.net/
営業時間 9:00~17:00(最終入館は16:30、季節により開館時間延長あり)
定休日 年末年始(12/28~1/1)
料金 大人600円/中学生以下、大阪市内在住65歳以上の方(要身分証明書)、障害者手帳等お持ちの方は無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【利用者数(年間)】約130万人

大阪城天守閣へのアクセス

*JR大阪環状線「大阪城公園駅」・「森ノ宮駅」より徒歩約15分~20分

PAGE TOP