おおさかじょうにしのまるていえん|大阪府

大阪城西の丸庭園

概要

昭和6年(1931)、市民による浄財・約150万円(現在の約750億円に相当)を費やして建て替えられた大阪城天守閣。その天守閣を中心に広がる大阪城公園には大手門、千貫櫓、火硝蔵など13棟の重要文化財や、梅林、西の丸庭園などがある。豊臣秀吉の正室・北政所の屋敷があった場所とされている西の丸庭園は、昭和40年(1965)、総面積約64,000平方メートルの芝生庭園として開園。周囲を樹木に囲まれ、天守閣や掘の石垣が美しく眺められる。春はソメイヨシノを中心に約300本のサクラが咲き競い、花見の名所としても有名。開花期間は観桜ナイターも開催され、大勢の花見客が訪れる。西の丸庭園の東北隅には昭和44年(1969)、松下幸之助氏から寄贈された茶室「豊松庵」もある。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府大阪心斎橋・難波・天王寺
住所 大阪府大阪市中央区大阪城2
電話番号 06-6755-4146(大阪城パークセンター)
HP http://osakacastlepark.jp/
営業時間 9:00~17:00(3月~10月、桜の開花期は~21:00)、9:00~16:30(11~2月)※入園は閉園30分前まで
定休日 毎週月曜日、年末年始
料金 大人200円 (観桜ナイターは350円)、中学生以下・大阪市内居住者65歳以上の方無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【敷地面積】64,442平方m

大阪城西の丸庭園へのアクセス

*大阪環状線「大阪城公園駅」より徒歩5分、地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」より徒歩10分

PAGE TOP