|大阪府

家原寺(えばらじ)

概要

JR阪和線津久野駅下車、徒歩約15分。慶雲元年(704)、奈良時代の名僧行基が父の菩提寺として自らの生家を寺にしたのが始まりとされている名刹。山号の「一乗山」は、人が仏の心を学ぶ聖地、「家」は行基の生家、「原」は母親のお腹をそれぞれ表すもので、行基の活動の原点ともなった寺。この名称が現在の地名にも残っている。本尊は、行基自身の造立による文殊菩薩で、日本で最初に本尊として祀られたことから、「家原の文殊さん」として親しまれ、智恵を授かるお寺として受験生に人気が高い。かつては、受験生がその願いを本堂に書いたことから「落書寺」とも呼ばれているが、現在は祈願を書いたハンカチを本堂に貼り付けている。本堂の壁や柱がハンカチで埋め尽くされる姿は、毎年の風物詩だ。また、1月15日に行われる左義長祭りは「家原のとんど」として、知られている。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府堺市堺区西区家原寺町1-8-21
電話番号 【所在地】TEL:072-271-1505 ; FAX:072-271-0322
営業時間 営業:9:00~17:00
定休日 休業:無休
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

家原寺(えばらじ)へのアクセス

JR阪和線「津久野駅」から徒歩で15分

PAGE TOP