いわつたじんじゃ|大阪府

石津太神社(いわつた神社)

概要

南海本線/阪堺電軌阪堺線石津川駅から徒歩5分、戎神といわれる蛭子命(ひるこのみこと)をご神体とする古社。社伝によると、浜に蛭児神(戎神)が舟で漂着し、五色の神石をおいたことから、このあたりに「石津」という地名がついたという。後に第5代孝照天皇7年(西暦前475)、蛭子命(ひるこのみこと)をここへ祀ったのが起こりで、日本最古の戎神社とされる。一方、延長5年(927)にまとめられた『延喜式神名帳』(全国の神社一覧)によると、同社は物部氏一族(石津連)の氏神と伝えられている。蛭児神がこの地に漂着した陰暦11月14日(現12月14日)に、凍っていた命のため、浜の漁師が108のわら束を焚いたという故事にちなんで、現在も毎年12月14日には、「やっさいほっさい」という、火渡り神事が行われている。なお、同じ敷地内に「石津(いしづ)神社」が鎮座し、同じく蛭子命をご神体とする社伝をもつが、石津郷が人口増加を受けて、2村に分かれたときに、それぞれの氏神として分祀したためと思われる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府堺市堺区西区浜寺石津町中4丁12-7
電話番号 【所在地】TEL:072-241-5640
付帯設備 【その他】駐車場 *約10台有り 料金無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

石津太神社(いわつた神社)へのアクセス

南海本線「石津川駅」から徒歩で5分

PAGE TOP