かくおうじ|大阪府

覚応寺

概要

伊予の豪族の河野通有の子通元が本願寺覚如上人に帰依して「覚応」と改名し、九州の霧島山麓に一宇を建立し「覚応坊」としたのが始まり。1325年(正中2年)。そののち、数代を経て堺に移転した。先々代の住職、河野鉄南氏は与謝野鉄幹と晶子をひきあわせた人物だ。ここは晶子にとって特に縁の深かった寺院で、毎年5月29日の晶子命日には「白桜忌」が行われる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府堺市堺区堺区九間町東3丁1-49
電話番号 【所在地】TEL:072-238-6835
料金 【備考】 *拝観自由・無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

覚応寺へのアクセス

阪堺電軌阪堺線「神明町」から徒歩で5分

PAGE TOP