だいせんこうえん・にほんていえん|大阪府

大仙公園・日本庭園

概要

大仙公園内に、1989年の「市制100周年」を記念してつくられた、総面積26,000平方メートルの日本庭園。堺は中世の頃、海外交易の拠点として栄え、さまざまな技術や文化が上陸してきたところ、日本庭園の源流となった庭園技術も、この時に伝わったといわれている。大仙公園の庭園は、伝統的な日本庭園の作庭技術を駆使しながら、築山林泉廻遊式庭園様式でまとめられており、南側台地の「桃源台」と、南から北へ流れる「石津渓」、北側低地の3つの風景で構成されている。檜づくりの門をくぐると、中世堺の豪商たちの集会所「納屋衆」を模した休憩所、孫悟空ゆかりの中国花果山の石を刻んだ曲水が楽しめる「流杯亭」、野点や盆栽展を楽しめる「桃源台」などがあり、渓流沿いに歩めば「傘亭」に至る。堺の文化風土を感じつつ、四季折々の花やみどりの移ろいを楽しもう。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府堺市堺区堺区大仙中町 大仙公園内
電話番号 【所在地】TEL:072-247-3670
付帯設備 【バリアフリー設備】 *車イス常備; *車椅子トイレ / 【その他】駐車場 *普通車:188台有 料金2時間200円 以降1時間毎100円、1日600円
定休日 休業:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12/29~1/5)
料金 【備考】 *大人200円、小人(小・中学生)100円、小学生未満は無料(同伴者がいる場合に限る)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【敷地面積】26000平方m

大仙公園・日本庭園へのアクセス

JR阪和線「百舌鳥駅」から徒歩で10分

PAGE TOP