さくらんぼ狩り開催中
ふもんじ|大阪府

普門寺

概要

明徳年間(14世紀末)の創建。16世紀後半には、室町幕府の官僚・細川晴元や14代将軍の足利義栄も滞在し、普門寺城とも呼ばれていた。国の名勝に指定されている庭園は、阿武山を借景にした池泉式枯山水庭園で、小堀遠州の弟子・玉淵の作と伝えられている。方丈西面には昭和期の名園「心字の庭」も。国の重要文化財指定の方丈は柿葺きの屋根が美しい。内部の襖絵は狩野安信の水墨画、欠損していた襖には南画の大家・直原玉青画伯の「淀川右岸天王山鵜殿前島菖景」が描かれ、見応えがある。他に中国の高僧・隠元作とされる石畳の道、細川晴元の墓もなども巡りたい。樹齢200年といわれる沙羅双樹があり、6月上旬から中旬頃の開花期に特別公開される。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府箕面・豊中・高槻
住所 大阪府高槻市富田町4-10-10
電話番号 【所在地】TEL:072-694-2093
営業時間 営業:~拝観は前日予約が必要 時間は13:30~16:00
料金 【備考】 *拝観料400円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【ご利益】招福除厄(毘沙門天) / 【敷地面積】3960平方m

普門寺へのアクセス

*JR「摂津富田駅」、阪急「富田駅」から徒歩15分

PAGE TOP