がんせんじ|大阪府

願泉寺

概要

「ぼっかんさん」の呼び名で親しまれている貝塚御坊・願泉寺。天平16年(774)、36軒の民家と行基によって開基されたが、長く無住状態が続いたため、天文14年(1545)に村人らが京都の落人右京坊(後の卜半斎了珍)を迎え入れて再興、一向宗の町づくりが始まった。天文24年(1555)には大阪石山本願寺から貝塚御坊の寺内町(寺院・道場を中心に形成された自治集落のこと)としてとり立てられ、織田信長の兵火により焼失の目に遭いながらも、復興後の天正11年(1583)には本願寺門跡顕如・教如らが貝塚に移り、ここが2年余り本願寺となった。慶長15年(1610)、徳川家康より寺内諸役免許を授けられ、明治維新まで卜半(ぼくはん)家による寺内町の支配が続くことになる。寺の周辺には土蔵や格子戸などが残り、かつての繁栄ぶりが偲ばれる。本堂、太鼓堂、表門などは国指定重要文化財。ただし現在は大規模改修中で、毎月第3日曜日(10:00~16:00時)の寺主催の現場公開日のみ、見学ができる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府貝塚市中846
電話番号 【所在地】TEL:072-422-1302
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

願泉寺へのアクセス

南海本線「貝塚駅」から徒歩で5分

PAGE TOP