しんりゅうじごまぎょうじ|大阪府

真龍寺 護摩行事

概要

麒麟山真龍寺(きりんざんしんりゅうじ)と称され、天平20年(748年)、行基菩薩(ぎょうきぼさつ)の開基と伝えられています。弘仁年間(810年~823年)、弘法大師の高弟真如法親王がここに住し、大門・鐘楼・経堂その他21坊を建立したと伝えられていますが、応仁の乱(1467年)で焼失しました。その後の文禄年間(1592年~1595年)に12坊が再興されました。現在は、昭和47年に新築された本堂のほか、庫裡(くり)・本坊・地蔵堂・牛頭堂(ごずどう)・西国観音安置堂・鎮守堂・聖天堂・客殿・鐘楼・護摩堂・護摩道場などがあり、本堂には、釈迦三尊(釈迦・文殊・普賢)が、脇士として弘法大師像・毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)が安置されています。毎年4月の第2日曜日には、山伏(やまぶし)が集まって護摩行事が盛大に行われています。ほかに境内の一角に、D51の蒸気機関車が展示され、市民の憩いの場所にもなっています。

基本情報

ジャンル イベント
地域 大阪府箕面・豊中・高槻
4月
住所 大阪府茨木市東福井二丁目24-11
電話番号 【問合せ】TEL:072-643-5897 ; URL:http://www.city.ibaraki.osaka.jp/kurashi/bunka/shiseki/shoukai/1315371732929.html
開催期間 2016.04.10~2033.04.10
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【開催地】真龍寺

真龍寺 護摩行事へのアクセス

阪急京都線茨木市駅、JR茨木駅から阪急バス *サニータウン行又は忍頂寺行き → 「上福井」バス停から徒歩で7分
阪急京都線茨木市駅、JR茨木駅から阪急バス *サニータウン行又は忍頂寺行 → 「福井宮の前」バス停から徒歩で11分

PAGE TOP