うずめめし|島根県

うずめ飯

パッと見では分からない、実は贅沢な郷土料理

概要

山菜、ニンジンやシイタケ、かまぼこ、豆腐などをご飯の下に入れ、ワサビや刻み海苔などを添えて出汁をかける。

【歴史・由来】
由来は諸説あり、江戸時代、贅沢を嫌った藩主の目を気にして、当時貴重であったワサビをはじめ色々な食材をご飯にうずめて贅沢な食事に見えないようにして客人をもてなしたのがうずめ飯の発祥、名前の由来ともいわれている。

【食べるシーン】
ご飯と食材をかき混ぜて食べる。島根県西部の一部の飲食店では年中楽しむことが出来るが、主役の山菜とセリの旬が早春ということもあり、春は特にお薦め。

【作り方】
・さいの目に刻んだ食材を出汁で煮る。セリは小切り、ワサビをすりおろす。
・煮た食材を器に盛ってセリをのせ、その上にご飯をよそい、海苔とワサビを添えて完成。

【提供店】
浜田市、益田市、津和野町の飲食店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県津和野・益田・浜田
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP