なんかいたかしのはません たかしのはまえき|大阪府

南海高師浜線 高師浜駅

概要

南海鉄道本線の羽衣駅を出て、ゆるやかにカーブしながら海へと向かう高師浜線。1.5kmを走るこの支線の終点駅が、高師浜駅(たかしはまえき)だ。駅舎は、大正8年(1919)に開通したこの支線とともに竣工され、モダンなデザインが自慢。設計・施工者は不詳だが、入口の上部にはめ込まれた海に鳥が舞う様子を描いたステンドグラスは、かつて名勝・高師浜の風景を詠った和歌からのものだとか。昭和45年(1970)、高師浜線の高架化とともに解体されそうになったが、地元の熱意により駅舎部分は残され、現在も利用されている。周辺は昭和30年代まで西日本有数のリゾート地として栄えた場所だ。いまは閑静な住宅地を、細い路地に沿ってのんびり歩いてみよう。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府堺・泉南
住所 大阪府高石市高師浜4-1-37
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

南海高師浜線 高師浜駅へのアクセス

*南海高師浜線「高師浜駅」

PAGE TOP