ひらおかじんじゃ|大阪府

枚岡神社

概要

大阪平野の東端、生駒山の西麓にある枚岡神社へは、近鉄奈良線枚岡駅から東へ歩いてすぐ。延喜式の神名帳にもその名がある河内国一ノ宮の古社で、創祀は神武天皇即位前3年と伝えられる。後に奈良の春日大社に枚岡神社の二分霊を祀ったことから「元春日」とも呼ばれている。本殿は豊臣秀頼が片桐且元に造営させたと伝えられるが、現在の本殿は1826年に再建されたもの。府下随一と言われる秋祭りは、ふとん太鼓の宮入や地車の曳航などが行なわれ、勇壮かつ華やか。年初には、その年の稲の実りを、小豆粥を使って占う「粥占神事」が行なわれる。境内は楠、杉などの古木が多く、環境省の「かおり風景100選」に指定を受けた。毎春、境内南側の枚岡神社梅林では約500本の梅が咲き競う。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府東大阪
住所 大阪府東大阪市出雲井町7-16
電話番号 【所在地】TEL:072-981-4177
付帯設備 【その他】駐車場 *40台 9:00~16:00
料金 【備考】 *拝観無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【ご利益】衣食住 家内安全 / 【敷地面積】66000平方m / 【年間利用者数】1000,000人

枚岡神社へのアクセス

*近鉄奈良線「枚岡駅」下車すぐ

PAGE TOP