すずきのしょうしょやき|島根県

スズキの奉書焼

藩主への心遣いから生まれた?!江戸時代から続く名物料理

概要

スズキを和紙に包んで蒸し焼きにする料理。江戸時代、藩主の松平不昧公の好物として、松江の名物料理として知られる。

【歴史・由来】
藩主の松平不昧公が、蒸し焼きにしたスズキを食べていた漁師達の姿を見て、「余も食べてみたい」と発言。漁師達が奉書紙に蒸し焼きにしたスズキを包んで献上したところ、その美味しさに松平不昧公が大喜びし、それ以来、献上料理として知られるようになった。

【食べるシーン】
お祝いの席などで食される。

【作り方】
・下処理したスズキを濡らした和紙で包む。
・蒸し焼きにした後、醤油などを付けて食べる

【提供店】
出雲地方(宍道湖沿岸部)の飲食店。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 島根県出雲・石見銀山津和野・益田・浜田隠岐松江・玉造温泉
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP