しじょうなわてじんじゃ|大阪府

四條畷神社

概要

南北朝時代、四条畷の合戦で足利軍との戦いに敗れた楠木正行(まさつら)とその一族の将士24人を祀る神社。明治23年(1890)に創建。正行は、大楠公と称される父、楠木正成の嫡男で、「小楠公」として、いまも多くの人に慕われる「忠公両道」の名将。神社の東側にある飯盛山は、古来戦いの要の地であったが、今は緑豊かな静寂をたたえる。山頂には正行の銅像がある。境内には桜や楓が多くあり、季節の彩をそえる。毎年、正行の命日に当たる2月22日の例祭、4月5日の春祭、10月5日の秋祭が行われる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 大阪府東大阪
住所 大阪府四條畷市南野2丁目18-1
電話番号 【所在地】TEL:072-876-0044
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【ご利益】心願成就 / 【その他】なにわ七幸めぐり

四條畷神社へのアクセス

JR四条畷駅から徒歩で15分[1km]

PAGE TOP