だまこなべ|秋田県

だまこ鍋

秋田の郷土料理。ごはんで作ったモチモチのだまこもちが美味

概要

つぶしたご飯をピンポン玉ほどの大きさに丸めた”だまこもち”を使った鍋料理が”だまこ鍋”。鶏がらの出汁にしょうゆや味噌などで味をつけ、もちと一緒に、鶏肉やねぎ、セリ、ごぼう、きのこなどを煮る。その発祥は、八郎潟周辺で、農家の家庭料理として作られたのが始まりといわれ、丸める時に軽く塩をしたり、丸めてから網の上で少々焼いたりするのが一般的だ。定かではないが、秋田の名物で有名な”きりたんぽ鍋”のルーツだという説もある昔ながらの鍋料理だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県大館・能代男鹿・八郎潟秋田市角館・田沢湖大仙・横手・湯沢由利本荘
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP