かくりんじ|兵庫県

鶴林寺

概要

589年、聖徳太子が16才の時、秦河勝(はたのかわかつ)に命じ仏教をひろめる為の道場として建てられました。釈迦三尊と四天王を祀り「四天王寺聖霊院」と称されたのがこの寺のはじまりといわれ、播磨の法隆寺とも呼ばれています。平安時代の壁画が見つかった県下最古の木造建築物、国宝「太子堂」や、泥棒が盗み出し壊そうとしたら「アイタタ」という声が聞こえてきたため、改心したと伝えられている国重要文化財「金銅聖観音立像」など、多くの文化財が残されています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 兵庫県明石・加古川
住所 兵庫県加古川市加古川町北在家424
電話番号 【所在地】TEL:079-454-7053 / 【問合せ】TEL:079-454-7053 ; FAX:079-422-6299 ; URL:http://www.kakurinji.or.jp/index.htm
営業時間 公開:9:00~16:30
料金 【大人】500円 *入山料(宝物館入館料含む) / 【中学生】200円 *入山料(宝物館入館料含む) / 【小学生】200円 *入山料(宝物館入館料含む)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】飛鳥

鶴林寺へのアクセス

加古川駅から徒歩で20分
JR加古川駅からバス → 鶴林寺下車すぐから

PAGE TOP