よいのどうもん|兵庫県

与位の洞門

概要

かつて、宍粟の奥地へと向う際の難所として知られていたこの場所に、洞門が掘られたのは明治36年頃であるとされている。現在も川に面した岩肌には、かつて桟橋を架けて通行していた際に、腕木を挿していた四角い穴が残っています。洞門は現在も利用可能ですが、道幅が狭いのでご注意下さい。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 兵庫県姫路・赤穂
住所 兵庫県宍粟市山崎町与位
電話番号 【問合せ】TEL:0790-63-3000 *代表 ; URL:http://www.shiso-kankou.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【規模】奥行10m / 【建築年】明治36年

与位の洞門へのアクセス

中国自動車道山崎インターから車で20分

PAGE TOP