こもどうふ|鳥取県

こも豆腐

地域に伝わるお祝いの一品。伝承していきたい料理のひとつ

概要

こも豆腐は、倉吉市とその周辺に伝わるお祝いの一品で、お正月や祭り、法事など、特別な日には欠かせない伝承料理の一つだが、最近は家庭で作られることは少なくなってしまった。こも豆腐の“こも”とは、粗く織ったわらのむしろのこと。豆腐をわらで包むことによって、わらの香りが豆腐に移り風味よく、また、わら一本一本の筋が豆腐に付いて独特な形に仕上がる。薄切りにした豆腐に細長く切ったニンジンやゴボウを入れ、藁づとで包みます。これをゆでるか蒸すかして藁づとから取り出し、調味した汁で煮る。後世に残したい料理のひとつ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 鳥取県倉吉・三朝
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP