うどんしっぽく|香川県

うどん(しっぽく)

農村の日常食として作られたうどんは季節の野菜がたっぷり

概要

讃岐の冬の代表的な郷土料理である“しっぽくうどん”は、農村の日常食として、どこの家でも季節の野菜をふんだんに使い作られていた。打ち込みの場合は、小麦粉に塩を入れずに練る。野良仕事から一足先に帰った主婦が、手早く作る汁物のひとつだ。作り方は、数種の具を一度に煮込んで、茹でたうどんの上から、煮た野菜の具をかける。具は季節の野菜やその土地でとれたものを使い、最近では、コクを出すために鶏肉や豚肉を入れることもある。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 香川県高松丸亀・琴平・坂出小豆島・直島
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP