おがやきそば|秋田県

男鹿焼きそば

秋田の伝統調味料しょっつるを使用。店ごとに多彩な味が楽しめる

概要

男鹿半島は秋田県の日本海に突き出た半島で、日本百景にも選定された景勝地で、大晦日には伝統行事「なまはげ」が行われることで知られる地域だ。そこの地元商工会が、秋田の地魚ハタハタで作った魚醤”しょっつる”を気軽に食べてもらいたいと考案した新名物が”男鹿焼きそば”。粉末ワカメと昆布ダシ入りの麺、しょっつるベースの塩、しょうゆ味のタレを使用するという決まりはあるが、それ以外の盛り付けやトッピングは自由。あんかけ焼きそばや、「なまはげ」を模した盛り付けなど、各店が工夫をこらしたオリジナル焼きそばが楽しめる。
平成21年にはまちおこし団体「男鹿のやきそばを広める会」を結成。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 秋田県男鹿・八郎潟
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP