こうやさんちょういしみち|和歌山県

高野山町石道

概要

高野山へ通じる七つの道は「高野七口」と呼ばれ、慈尊院から大門に至る高野山町石道はそのひとつ。平安時代に弘法大師が高野山への道しるべとして、1町(約109m)ごとに木製の卒塔婆を立てた。腐食した木製の卒塔婆の代わりに、後世の有志によって花崗岩の町石が造立され、現在に至っている。高野山根本大塔から慈尊院側に180基、根本大塔から奥の院側に36基の町石の他、1里(36町)ごとに里石がある。平成16年、「紀伊山地の霊場と参詣道」として、道自体が世界遺産に登録された。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 和歌山県高野山・九度山
住所 和歌山県伊都郡九度山町・かつらぎ町・高野町
電話番号 【問合せ】TEL:0736-54-2019 ; FAX:0736-54-2022 ; Mail:sanshin@town.kudoyama.lg.jp ; URL:http://www.town.kudoyama.wakayama.jp/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【距離】約24k

高野山町石道へのアクセス

九度山駅・高野山駅から徒歩で30分

PAGE TOP