はんだてのべそうめん|徳島県

半田手延べそうめん

「コシの強さにノドが鳴る」と歌われる半田町特産品

概要

コシの強さが特徴で、半田そうめん音頭に「コシの強さにノドが鳴る」と歌わるほど。現在の半田町を代表する地場産業であり、町のシンボルだ。その起源には諸説があるが、天保時代、当時小野浜港より撫養(徳島県鳴門市)方面へ運航していた船頭が、家族の自給用や副業として行わせたのが始まりと言われている。製麺の方法は、今の奈良県磯城郡三輪町から淡路、鳴門を経て徳島県の半田の地に伝えられたそうだ。最近では、消費者の嗜好の多様化に合わせて、様々なタイプのそうめんの商品化も進んでいる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県大歩危・小歩危・祖谷渓
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP