おうきょろせつかん|和歌山県

応挙芦雪館

概要

江戸中期の画家、円山応挙とその弟子、長沢芦雪の力作が展示されている。応挙と親交の深かった愚海和尚が寺の再建にあたって応挙に障壁画を依頼。応挙自身は串本へ来なかったものの、名代としてその高弟芦雪が師の絵を携えてこの地に下った。このとき芦雪は370枚もの絵を残したという。中でも、「龍虎図」が知られる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 和歌山県白浜・那智勝浦・串本
住所 和歌山県東牟婁郡串本町串本833
電話番号 【所在地】TEL:0735-62-6670 / 【問合せ】TEL:0735-62-6670 / 【予約先】TEL:0735-62-6670
営業時間 公開:9:30~16:30
定休日 休業:無休
料金 【大人】700円 *本館及び丈障壁画(digital複製画) ※本館、丈障壁画及び収蔵庫(重文)1,300円 ※中学生以下は半額 ※雨天時は収蔵庫の拝観は出来ません ※20名以上の団体は2割引
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】1703年

応挙芦雪館へのアクセス

串本駅から徒歩で15分

PAGE TOP