かつうらおんせん|和歌山県

勝浦温泉

概要

白浜と並んで南紀を代表する温泉。岬の岩かげや島などいたるところに湯が湧き出すという、ユニークな温泉。島々や岬に点在する旅館では、港から宿までお客を送迎ボートで送り迎えする、勝浦温泉独特のロマンチックな情景が売りもの。夜ともなると、黒くシルエットになった島影を背景に、湖のように波静かな湾内を赤や青の灯を点した船が行きかうさまは美しい。湾内の隠やかな風景とは対照的に、湾の外側は熊野灘の荒波に洗われた洞窟や絶壁の続く男性的な景観で、ホテル・旅館などもこの豪快な海景を楽しめる場所に建っており、部屋の窓からの風景は迫力そのもの。ホテル浦島の大洞窟温泉・忘帰洞(ぼうきどう)は、広さ約千平米・高さ22m・穴の横から温泉が湧き出しており、熊野灘に向って大きく開いた景観は雄大そのもの。また、ホテル中の島には、作家の藤本義一氏が名づけた潮聞の湯という露天風呂がある。出船入船がこの湯のそばを航行し、たいへん情緒のある露天風呂である。忘帰洞も潮聞の湯も、ホテルの宿泊客でなくても入浴できる。◎忘帰洞(天然岩窟温泉)勝浦湾を抱く狼煙半島のほぼ全域を占めるホテル浦島の天然岩窟温泉。紀州藩主徳川頼倫がその景観に魅せられて帰るのを忘れたところから名付けられたという。海に向かってぽっかり穴をあけている大洞窟で、浴槽につかっていると磯に砕ける波がどどーんと身体全体にひびく。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 和歌山県白浜・那智勝浦・串本
住所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町‐
電話番号 【問合せ】TEL:0735-52-0048 ; FAX:0735-52-3930 ; URL:http://www3.ocn.ne.jp/~nk-onsen/
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【宿泊施設軒数】53軒 / 【宿泊施設総定員】6,800人 / 【利用者数(年間)】平成23年度約58万人(総宿泊数)

勝浦温泉へのアクセス

紀伊勝浦駅から徒歩で1分

PAGE TOP