海・川・湖で水遊び 関東近郊 特別なランチ付きプラン
のとろこのさんごそうぐんらく|北海道

能取湖のサンゴ草群落

概要

能取湖は、オホーツク海とつながる面積58万平方mの大きな塩水湖。湖畔は原生花の宝庫そのものだが、南岸・卯原内に3万8000平方mのサンゴソウ大群落が広がる。正式にはアッケシソウと呼ばれるこの植物は、葉の生えない珍しい草。卯原内だけでなく、湖畔のあちこちに点在し、9月になると全体が深紅の色を帯び、まっ青な湖水との見事なコントラストをつくりあげる。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 北海道知床・網走・北見
住所 北海道網走市卯原内
電話番号 【問合せ】TEL:0152-47-2301 ; URL:http://abashiri.jp/tabinavi/index.html
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時期】9~10月

能取湖のサンゴ草群落へのアクセス

*卯原内(バス停)/徒歩/5分

PAGE TOP