そばごめぞうすい|徳島県

そば米雑炊

「今日は肉じゃが」的感覚!?徳島県民の日常食

概要

「そば米」とは、そばの実をゆでてから乾燥させ、皮を取り除いたものを指す。それを雑炊とした料理である。そばを粒で食べるのは徳島県独特。稲作に適さない土地で主食として、先人の知恵からうみだされた料理だ。発祥は、源平の合戦に敗れた平家の落ち武者が東祖谷村に身を潜めた際に、都を偲んで正月にそばを用いて雑炊やそば団子を料理した事からとされている。現在では徳島県民の日常のおかずとして、季節を問わずに親しまれている一品である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 徳島県鳴門・徳島市周辺大歩危・小歩危・祖谷渓阿南・日和佐
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP