いもけんぴ|高知県

芋けんぴ

ポリポリ止まらない美味しさ!昔懐かしいサツマイモのお菓子

概要

サツマイモを原料としたかりんとうのようなお菓子。昔、土佐には細長いスティック状の干菓子で「けんぴ」と呼ばれるお菓子があった。その後、江戸時代中頃にサツマイモが伝来。それを細長く切り、油で揚げ、砂糖をまぶして出来あがったのが始まりだ。和菓子のケンピとは原料・製法ともに異なるが、派生して作られた物とされている。揚げることで表面部分がしっかりし、噛むとポキッと折れやすく、ポリポリとした小気味良い食感が人気。子供からお年寄りまで親しまれている、高知ではお馴染みの昔ながらのおやつだ。

基本情報

ジャンル お土産
地域 高知県高知市周辺
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP