うつぼのすきやきなべ|高知県

うつぼのすき焼き鍋

ふっくらとした白身と独特のゼラチン質が甘口の割り下にぴったり

概要

大きな口と鋭い歯を持ち、“海のギャング”と呼ばれる獰猛なうつぼ。身体は細長く、全長90cmほどもある。高知県はそんなうつぼを郷土料理のひとつとして受け継いできた、全国でも珍しい土地柄だ。主に須崎市、土佐市、室戸市で水揚げされ、旬は秋から3月頃。タタキや唐揚げ等の料理もよいが、寒い時期は、すき焼も格別。野菜などと一緒に煮て、醤油ベースの割り下で味わう。白身は柔らかくふっくらとした食感が魅力で、皮と身の間には独特の弾力がある。皮下にゼラチン質のコラーゲンがたっぷりあるので、女性にも人気が高い。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 高知県高知市周辺安芸・室戸・馬路村四万十川・足摺岬
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP