さくらいけにほんていえん|島根県

櫻井家日本庭園

概要

この庭は、享和3年(1803)、松江藩七代藩主松平治郷(不昧公)の御成の迎えたときに造られた。岩肌に流れ散る滝の「きれいさび」は、いたく公の興をさそい、「山深み流れてこの世のにごりをば、しるとも見えぬ滝のいわなみ」と詠まれ、「岩浪の庭」(がんろうのにわ)と名付けられました。庭の飛石も、公の来駕に備えて普通より大き目で低く、沓脱に近い大石は輿を置く役石も兼ねている。公は借景の山を「寿宝山」(ほうじゅざん)と呼び、心洗われる一刻を楽しまれたと云う。池の水面に突き出して見える草庵は、後年、南画家「田能村直入」が当家に逗留したとき意匠して作り、「菊掃亭」(きくそうてい)名付けた茶席である。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 島根県出雲・石見銀山
住所 島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655
電話番号 【所在地】TEL:0854-56-0003
営業時間 開園時間:9:00~16:30
定休日 休館日:(月) 祝日の場合は翌日 / 休館日:冬期休館
料金 【大人】300円 *高校生以上 / 【子供】200円 *小学生から中学生
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

櫻井家日本庭園へのアクセス

JR出雲三成駅から車で30分

PAGE TOP