どうそけい|岡山県

道祖渓

概要

小田川の支流雄神川が、黒い輝緑岩の台地である雄神台と雄宝台の間を深く削ってできた渓谷です。雄神川は永祥寺の南へ流れ出ています。末広の滝、稚児の滝、竜門の滝、座禅岩、八畳岩、不動岩などの奇岩怪岩の間を流れる清流に、アカガシ、ヤブツバキ、ハナイカダなどの樹木が映えて、渓谷美をかもしだしています。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 岡山県倉敷
住所 岡山県井原市西江原町
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【規模】延長/2km

道祖渓へのアクセス

井原駅から車で20分

PAGE TOP