ほうらくやき|愛媛県

法楽焼

海賊が愛した豪快レシピ!小石の上で焼いた新鮮な海の幸を味わう

概要

東予の島嶼部のおもてなし料理で、「宝楽焼」と表記する場合もある。もともとは海賊料理で、無敵を誇った村上水軍が戦勝の祝いの席で食べていたのが始まりと言われている。素焼きの俸禄の上に小石を並べて、その上でとれたての新鮮な魚介類を焼く豪快かつシンプルな料理で、ほっくりした焼き上がりはクセになる。鯛や蛸、さざえ、海老、蛤など、日本三大潮流として知られる来島海峡の荒波で身をもまれた新鮮な魚介類に加えて、卵も一緒に蒸し焼きにするのが定番だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉今治新居浜・西条・石鎚山宇和島・大洲
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP