しっぽくりょうり|長崎県

卓袱料理

長崎の宴会料理、別名「ワカラン料理」。その名の由来とは?

概要

古くから国際港として栄えた長崎で、宴会の時などに出される料理で、「和」、「洋(主にオランダ)」、「中」といった国際色豊かな料理を”卓袱(しっぽく)料理”という。影響を受けた国の名前をとって「和華蘭(わからん)料理」と呼ばれることもある。長崎は貿易港として、江戸時代より異国との接点の多く、当時禁止令が出ていた食肉もメニューに入っており、”豚の角煮”などは卓袱料理には欠かせないものとされているようだ。一説によると、昭和の日本の食卓にお馴染みのちゃぶ台もこの卓袱料理の卓を起源にしているともいわれている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市佐世保・平戸諫早・大村・波佐見雲仙・島原壱岐・対馬・五島列島
別名 和華蘭(ワカラン)料理
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP