おおむらずし|長崎県

大村寿司

錦糸卵の鮮やかな黄色が美しい、もてなしの席を彩る逸品

概要

長崎県の中央に位置し、西に大村湾を望む大村市の代表的な郷土料理が”大村寿司”。祝いやもてなしの席で供される押し寿司(角寿司)で、20センチ四方程度の大きさにした二段重ねの甘酢飯で、かんぴょう、しいたけ、ごぼう、はんぺん、白身魚のそぼろ等の具を挟み、錦糸卵をのせて切り分けたものだ。戦国時代に大村氏の軍勢が勝利した際、領民が兵に差し出した歓迎の料理が起源だといわれ、しっとりとした酢飯に、豊富な具材の旨みと錦糸卵の甘みが加わり、調和のとれた風味が口にふわりと広がって美味だ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県諫早・大村・波佐見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP