みつきはちまんぐう|広島県

御調八幡宮

概要

備後国総鎮護(びんごのくにそうちんご)769年,和気清麻呂が直諫の罪で大隅国に流され,その姉の広虫(法均尼 ほうきんに)が当地に流された際,宇佐八幡をまつり,清麻呂の雪冤(せつえん)を祈願したことがはじまりと伝えられる由緒ある神社。シイの天然林に囲まれた静かなたたずまいの神社で,社叢(しゃそう)は,県の天然記念物に指定され,一帯は,県立自然公園に指定されています。木造狛犬1対、阿弥陀経版木、法華経普門品版木、金剛寿命陀羅尼経版木、木造行道面は国重要文化財。神社に伝承される花のおどりは県指定の無形民俗文化財。「西の吉野」桜の名所として知られ,境内には,豊臣秀吉が三原城滞在中に参拝した折,手植えをしたと伝えられる桜の切株(第2次世界大戦時に枯死)もあります。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 広島県竹原・三原
住所 広島県三原市八幡町宮内13
電話番号 【所在地】TEL:0848-65-8652 ; FAX:0848-65-8660 / 【問合せ】TEL:0848-65-8652 ; FAX:0848-65-8660
料金 【備考】 *無料
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【創建年代】769年

御調八幡宮へのアクセス

JR三原駅からバスで40分
山陽自動車道 三原久井ICから車で5分 *東へ4km

PAGE TOP