ぐぞうに|長崎県

具雑煮

江戸時代から300余年。今でも愛され続ける長崎の雑煮

概要

だし汁に丸もちと、その時折々の様々な具材(鶏、魚、野菜など)を入れ煮込んだ雑煮。起源は寛永十四年(1637年)に起こった島原の乱の際、山や海から様々な食材を集めて煮込んだのが始まりとされる。これをもとに食事処を営んでいた糀屋(こうじや)喜衛ェ門が文化十年(1813年)に味を調え売り出したのが現在の具雑煮の原型となったといわれる。現在でも正月はもちろん、祝いの席に出されている。本来は家庭料理であるが郷土料理として有名になり、現在は市内の様々な飲食店で観光客に提供されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP