ながさきかすてら|長崎県

長崎カステラ

伝統を守りながら進化する、長崎を代表する銘菓

概要

寛永元年(1624年)、長崎にてカステラの製法がポルトガル人より伝授された。当時のカステラは今よりも固かったため、日本人の口に合うように水あめを加えたり、独自の攪拌方法を駆使するなど試行錯誤を繰り返し、明治初期、現在のしっとりした口当たりと底に沈んだザラメ糖が特徴の「長崎カステラ」が誕生。現在では昔ながらの製法と味を守りつつ、新しいタイプが生まれている。ちなみにカステラの数え方は1本2本ではなく1竿、2竿(さお)。市内にある数十店もの専門店で、食べ比べ、お気に入りを探すのも楽しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県長崎市
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP