ろくべえ|長崎県

六兵衛

見た目も製法もオリジナル!島原の危機を救ったさつまいも麺

概要

”六兵衛”とは、さつまいもを原料とする島原独特の麺料理である。江戸時代に島原を飢饉が襲った際、深江村の名主だった六兵衛が、保存食のさつまいも粉を食べる方法として考案したことから、この名がつけられた。日本では珍しい「押し出し麺」で、水を加えてこねたさつまいも粉に、山いもをつなぎに加えて生地を作り、「六兵衛おろし(突き)」という穴の開いた大型の鉄板で生地を押し出して作る。黒褐色の短めの麺で、煮干し出汁ベースの醤油味の汁にねぎと一緒に入れて食べる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県雲仙・島原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP