くじらりょうり|長崎県

鯨料理

古くから鯨を食べる長崎では、郷土料理に欠かせない食材

概要

古くから周囲の海で捕鯨が盛んに行なわれていたことから、長崎では長年鯨を食す文化がある。江戸時代、大村湾の東側に位置する「彼杵(そのぎ)」は、長崎街道の宿場町と共に、捕鯨集散基地として栄えた。戦後の食糧難時代、栄養源として全国各地で食べられた「鯨のカツレツ」や「赤いベーコン」、「赤身の大和煮」。現在は、調査捕鯨の副産物として陸揚げされた鯨のみが市場に出回っている。都道府県別推計消費量は、長崎が全国一位。お正月は「鯨の刺身盛り合わせ」、地域によっては「鯨雑煮」を食べる習慣が今も残る。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県諫早・大村・波佐見
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP