みかさあすかうめのもり|北海道

三笠あすか梅の杜

概要

三笠あすか梅の杜は、幾春別栗丘町の丘陵地約10haを利用して、昭和61年から造成された梅園です。 現在、紅梅や豊後梅など約1万本の梅の樹が植栽されて、毎年5月中旬にはいっせいに紅・桃・白色の花が咲き、桜とは違った独特の彩りで園内を飾り、市内はもとより市外からも多くの方が花見に訪れる、道内でも最大級の梅園です。 ※平成22年(2010年)6月より名称が変更になりました。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 北海道夕張・岩見沢・滝川
住所 北海道三笠市幾春別市栗丘町
電話番号 【所在地】TEL:01267-6-8211 / 【問合せ】TEL:01267-2-3997
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【事業者】社会福祉法人明日佳 / 【面積】10ha / 【産物名】梅 / 【時期】5月上旬~中旬 *その年の天候により多少時期が動く

三笠あすか梅の杜へのアクセス

岩見沢駅からバスで40分 *三笠幾春別線「桜木町」下車、徒歩10分

PAGE TOP